日本トンボ学会 > 学会誌の紹介 > Volume 49

TOMBO, XLIX (for 2006), (1-4), 2007

ムカシヤンマの交尾 : 加納一信
 
Akihiko Sasamoto :
Description of a new Nososticta species from Biak Island, Indonesia (Zygoptera : Protoneuridae)
Akihiko Sasamoto & Itsuro Kawashima :
Description of the last instar larva of Amphigomphus nakamurai Karube, 2001 (Anisoptera, Gomphidae, Onychogomphinae) from Northern Vietnam, Indo-China
Itsuro Kawashima & Akihiko Sasamoto :
Description of the last two instar larvae of Heliaeschna filostyla Martin, 1906 (Anisoptera, Aeshnidae, Aeshninae) from Sulawesi Island, Indonesia
奈良岡弘治・高橋克成 :
ムカシトンボ終齢幼虫の羽化前の上陸と陸上生活の期間
 
枝 重夫 :
ムカシトンボ幼虫の色彩について
尾園 暁・苅部治紀・村松 稔 :
与那国島で採集された日本初記録のアカスジベッコウトンボ Neurothemis ramburii ramburii (Kaup in Brauer, 1866)
西浦信明 :
大阪府におけるスナアカネとオオキトンボの記録
松比良邦彦 :
奄美大島で未記録のスナアカネを採集
上田明良・苅部治紀・Woro A. Noerdjito・福山研二 :
ボルネオ島初記録のヒメキトンボ
枝 重夫 :
成熟しているのに翅が強く反射するミルンヤンマ ♂ を拾う
長田 勝 :
オキナワミナミヤンマの産卵場所の一例
木村 茂・池田和隆・寺元利行 :
山梨県で初のコシボソヤンマ成虫を採集
喜多英人・尾園 暁 :
ヒメキトンボの産卵行動について
伊藤 智 :
水平位で静止するウスバキトンボ
松比良邦彦 :
奄美諸島与路島でオキナワトゲオトンボを初確認
枝 重夫 :
ヨツボシトンボの結節斑について
 
枝 重夫 :
オオアオイトトンボ害虫論の回顧
枝 重夫 :
幻の文献「動物教材の根本的研究」の紹介
 
平成18年度日本蜻蛉学会大会(会員ページ)
日本蜻蛉学会和名検討委員会の報告と要項