日本トンボ学会 > 学会誌の紹介 > Volume 1

TOMBO, I, (1), 1958

朝比奈正二郎 :
ヒマラヤムカシトンボの再発見
石田昇三 :
三重県四日市附近のハネビロトンボ
白石浩次郎 :
江古田附近の蜻蛉

TOMBO, I, (2/3), 1958

サラサヤンマの脱皮殻 : 石田昇三
 
Syoziro ASAHINA :
On the discovery and a description of the larval exuvia of Oligoaeschna pryeri Martin (Aeschnidae)
武藤 明 :
サラサヤンマの生態
安藤 裕 :
ムカシヤンマの終齢幼虫脱皮殻の最初の発見
石田昇三 :
サラサヤンマの脱皮殻を採る
武藤 明 :
ムカシヤンマ Tanypteryx pryeri Selys の成熟幼虫は土中に穿った孔に棲息する
宮武光吉 :
6 月中旬の尾瀬の蜻蛉類
竹村芳夫 :
リュウキュウベニイトトンボ九州本土に産す
河野光子 :
福島県大沼郡ふた沼の蜻蛉
馬場金太郎 :
壱岐のトンボ
藤沢正平・小林悦郎 :
苗場山頂濕原の蜻蛉

TOMBO, I, (4), 1959

静止するウスバキトンボ : 枝 重夫
 
若菜一郎 :
ウスバキトンボの群集飛翔について(北上漂来の問題に関連して)
宮川幸三 :
東京附近のオオキトンボについて
白石浩次郎 :
1958 年度志賀高原の蜻蛉追加種