日本トンボ学会 > トンボ関係の本の紹介 > 日本の昆虫の衰亡と保護
環境 Eco 選書 1. 日本の昆虫の衰亡と保護

jacket

監 修 : 石井 実(大阪府立大学大学院生命環境科学研究科)
発行所 : 北隆館
体 裁 : A5 版 328 ページ
定 価 : 3,333 円 + 税
コード : ISBN 978-4-8326-0721-7
I-
  1. レッドデータブックからみた日本の昆虫の衰退と危機要因 :石井 実
  1. 日本のトンボの衰亡とその保護 :苅部 治紀
 
II-
  1. 磐田市桶ケ谷沼におけるベッコウトンボの保護活動 :福井 順治
  2. ため池のトンボ群集の成立要因とそれを用いた環境評価 :青木 典司
 
III-
  1. 地球温暖化が日本の昆虫の生物多様性に及ぼす影響 :湯川 淳一
  1. 小笠原における昆虫の保全 :岸本 年郎

この本は日本の昆虫全般にわたって近年その生物多様性が急激に劣化している事について実例を挙げて述べ,その中で,トンボ類についてはそれぞれ専門家の執筆を得て最新の知見を盛り込んで詳述している。…

… このように昆虫全般にわたって詳述している中でトンボ目についても多くのページをさいてそれぞれの分野での専門家が現状の問題点と展望について詳述しているので, COP10 が名古屋で開かれた年に当たってトンボの生物多様性維持に関心のある我々にとっては必携の書といえるであろう。

井上 清